I am NOT YouTuber.

先日、YouTubeのチャンネル登録者数が256人を超えた。これだけの方に興味を持って貰えたというのは素直にうれしい。今回は、2017年4月15日時点のアナリティクス(動画再生数など)を少し紹介したい。

動画ランキングTOP3

圧倒的1番人気「乗鞍2016」

総再生時間約25万分(約4,167時間)、視聴回数約23,000回と、他の動画を圧倒しているのがこちら。

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2016の年代別で優勝したときの動画である。1時間丁度という動画の尺が、練習用動画として重宝されている理由か。

2番人気「赤城2016」

総再生時間約9.9万分(約1,650時間)、視聴回数約8,600回。2番人気はやはりこれ。

まえばし赤城山ヒルクライム2016のエキスパートクラスで優勝したときの動画。こちらも乗鞍の動画とほぼ同じ1時間2分という動画の尺が、練習用動画として適しているのだろう。

3番人気「伊吹山2016」

総再生時間約8万分(約1,333時間)、視聴回数約10,000回。

私のエキスパートデビュー戦、奇跡の3位入賞したときの動画だ。元々3位の位置をキープしていたが、今年の伊吹山ヒルクライム直前になってさらに再生時間が伸びた。コースの予習をしていたんだろうな。

性別、年齢別視聴率

性別及び年齢別の総再生時間に対する視聴割合を、図1に示す。

図1. 性別及び年齢別の総再生時間に対する視聴割合

35~44歳男性の視聴率が他の年代、性別を圧倒している。面白いのは、女性も35~44歳が1番視聴率が高いこと。この年代の競争率が高いのはこのデータからもうなづける話だ。男女比率をもっとわかりやすくするため、円グラフを図2示す。

図2. 男女別視聴率

ほぼ男性しか見ていないと言っても過言ではない。まぁ、ほとんどレース動画しかアップしてないからな……。女性視聴者の獲得が今後の課題か。

まとめ

私のアップしたYouTube動画のアナラティクスを紹介した。私はYouTuberではないし、今後もYouTuberになる気もない。しかし、今後もレース動画や練習シーンの動画をアップしていく予定なので、参考になれば幸いである。

ところで、なぜ256人かって? 情報論的にはキリがいいのさ! (2^8 = 256)

以下のランキングに参加しています。 記事が面白い、役に立ったと思われた方は、ぜひクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ ロードバイク ブログランキングへ

コメントを残す(メールアドレスは必須ではありません)