良い兆候? 20.9km + 52.8km

思うところがあってポジションを変更。1番酷かった時期に比べると、ペダリングが随分良くなった。

ジテツウ (2017/05/29)

6時半起床。起床時体重57.20kg。予想通り57kg台まで戻ってた。

往路

出発が遅れて勝尾寺へ向かう時間が無くなってしまったが、少しでも長く乗りたかったので万博を1周。朝の通勤通学時間帯なので自転車は多いし信号停止は長いしであんまり好きなコースじゃないが、背に腹は代えられない。

話は変わって、ジストニアのリハビリのためにサドルをかなり下げていたのだが、あるポジションでダンシングすると脚が猛烈に回ることを発見。シッティングでも近いポジションを実現するため、サドルを上げて前に出した。すると最近、とても特徴的なペダリングベクトル(シッティング時)を記録するようになった。

本日往路のペダリングベクトル(シッティング)

奇妙奇天烈な挙動だ。最初はパワーメーターがぶっ壊れたかと思ったが、よくよく過去ログを観察すると、ポジション変更前にも似たようなデータが記録されていた。どうやら正しいデータらしい。3時方向において右足首の動きがぎくしゃくしているのが読み取れる。

ただ、これは良い兆候だと考えている。3時方向以外はほぼ理想的だ(9時、10時方向に発生しているバックトルクは強度が上がると消える)。後は、3時方向で過不足のない力を入力できるようになれば、完全に元通りのペダリングになると思われる。

平均ペダリング効率64.6%(左: 68.3% – 61.5%: 右)。

46分11秒、20.86km、27.5km/h、83.8rpm、137bpm、平均パワー175.8W、NP195.6W、TSS33.1、485.7kJ。

復路

脚は激重だが、運動量を確保するため勝尾寺~高山公民館へ。勝尾寺15分19秒234W、箕面第3ステージ7分5秒248W。滅茶苦茶遅いが、体のエネルギーがほぼ切れてる状態なので仕方がない。1日2000kJを目指して淀川河川敷を周回する。しかし、脚がスッカスカだったので、4周で切り上げ。往路と併せて1800kJくらいなので、まぁ良しとしよう。帰宅後体重55.80kg。明日は57kg切るかも?

平均ペダリング効率60.1%(左: 64.9% – 56.2%: 右)。

1時間54分24秒、52.79km、27.8km/h、84.0rpm、147bpm、平均パワー193.2W、NP220.4W、TSS104.3、1325.9kJ。

まとめ

足首に大きな力をかけなくても、だいぶ平均ペダリング効率が上がってきた。まだ減量の影響は受けていないが今後どうなるか分からないので、油断せずにいこう。

以下のランキングに参加しています。 記事が面白い、役に立ったと思われた方は、ぜひクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ ロードバイク ブログランキングへ

2 Responses

  1. metal.king より:

    こんばんは。
    いつも拝見しています笑
    良い兆候が出てよかったです。

    私は幾度となく減量に失敗してます(-_-;)
    HANAKENさんの記事をみて私も減量がんばってみようかと。

    動画の記事もすごく参考になりました。

    • HANAKEN より:

      metal.kingさん、こんにちは。本ブログが参考になっているようで幸いです。

      できるだけ我慢しないように自然と体重が落ちる習慣を身に着けることが、安定的な減量の近道です。どうしても我慢が必要な場合は、「ここで間食を我慢すればレースで良い結果が出る」とか「ここで間食したらレースで悲惨なことになる」みたいな認知療法的アプローチを実践してます。出来るだけポジティブな前者を用いるようにはしてますが。参考にしてください。

コメントを残す(メールアドレスは必須ではありません)